運動法

ダイエットは年齢に応じた方法を見付ける事が大切です。20代と30代では太ってしまう原因が異なる事がありますから、30代になって20代の頃と同じトレーニングメニューを行なった場合、身体を壊してしまう可能性があるのです。 例えば有酸素運動は全身を動かして痩せる上で有効なダイエット方法ですが、基礎代謝を挙げる上では効率的ではありません。 一方、加齢による肥満は代謝能力の低下によって引き起こされるケースがあると言われています。 自分自身の基礎代謝を挙げたい場合、無酸素運動を取り入れたダイエットを行なうようにしましょう。より効率的に痩せられる可能性があります。 有酸素運動とは、ウォーキングや水泳などの長時間に渡る全身運動です。一方無酸素運動は筋肉トレーニングや短距離走など、短時間で筋肉に負担をかけるダイエット方法です。

30代になって基礎代謝の低下を感じた場合、無酸素運動ダイエットを行ないましょう。 家にいながら行なえる無酸素運動と言えば、腹筋や背筋運動が挙げられます。こうしたダイエットであれば費用もゼロで行なえますので、とてもお手軽です。 一方短距離走など外で無酸素運動を行なう場合、専用のトレーニングシューズを購入すると良いでしょう。足の負担は膝や腰に伝わりますので、身体に優しいダイエットを行なう事ができます。トレーニングシューズは3,000円〜10,000円ほどで購入する事ができます。 30代の男女は仕事や家事で自由に空き時間が作れません。 そうした時、ちょっとした数十分で行なう事ができる無酸素運動はメリットが大きいダイエット方法であると言えます。